海野郷を中心に平安時代から戦国末期までの約6百年の長きにわたって信州と上州にまたがる地域を支配した名族海野氏です。この名族の歴史を研究調査のために「海野史研究会」は会長宮下和友氏・副会長桜井正敏氏・筆者らの数人によって昭和52年1月1日に発足した。
月刊誌「歴史研究海野」の創刊は昭和57年1月18日であった。
「朝日将軍木曽義仲公八百年祭が木曽日義の里で行われる年。又来年度は上田築城四百年祭が行われる予定である。この輝かしい意義ある新年に当り「歴史研究海野」が同好諸氏の多大なる拍手を浴びて発刊することが出来るのは、喜ばしい限りである。会報「歴史研究海野」を毎月1回発行し会員諸兄の連絡並びに研究を積み重ねるための糧にすることができれば幸いである」と発刊によせるその胸の内を表明したのは故宮下会長であった。
 以後373号まで31年1カ月にわたり、発刊し続けることができた。
このことは事務局長の任に当たった私にとって、至上の喜びと誇りでもあります。
 研究調査の資料を右記の「滋野氏考(海野氏のルーツ)」「海野氏のあしあと(海野氏興亡史)」「ものがたり「海野」(海野史物語)」「真田氏のルーツを探る(真田氏の始祖)」などに整理して掲載しました。
 今後新たな遺跡発掘や古文書の発見により見直され書き換えられることもあるかと思いますが、皆さまには「海野」研究の手がかりとしてご活用いただければ幸いです。
  
 古希をすぎて 2011.4.29開設     (last update 2020.1.14)
a:72188 t:24 y:72