「海野史研究会」は会長宮下和友氏ら数名によって昭和52年1月1日に発足した。
 史料収集・視察研修・講習会等を40余年にわたり開催を続けてきた。
 これら貴重な資料を残すために、研究活動の集大成として令和2年4月に約270頁の「歴史研究海野」を発行し、その後に判明した事を下記に追加修正編集しました。
              記
1、海野氏興亡史の項、(5)保元の乱と8代海野幸親は木曽の中原家から養子に来た。
2、海野史物語の項、(4)木曽義仲と大夫房覚明の欄に『和漢朗詠集』の著者だった。
3、真田氏の始祖の項、(7)余話①真田幸隆の兄の子孫が東御市に存在している。
4、真田氏の始祖の項、(7)余話③-2 真田幸村から17代目の子孫が現存している。
5、真田氏の始祖の項、(7)余話④真田幸村に九女がいた実話と秘話を追加掲載した。           
6、海野系寺院の項、宮崎県の神門神社が存在が分かりました。
 s_202004030751_0001.jpg202004030750_0001.jpgjpg

 古希をすぎて 2011.4.29開設          (lastupdate2022.1.7)
a:118430 t:34 y:52